フルサイズ信仰の理由を教えてください。メー

Writer: admin Type: santama Date: 2019-01-16 00:00
フルサイズ信仰の理由を教えてください。メーカーが布教しているんですか。共感した0###そうです。フルサイズミラーレスの当面の目的は、8k動画切り出し静止画です。業務用シェアー争いです。素人向けは出汁です。素人の出力環境では、A2プリントで比較しないと分かりません。必要有りません。メーカー開発者も言っています。素人の9割は耳で写真見ます。フィルム時代の年寄り、腕無くカメラ便りの下手クソは直ぐに騙されます。メーカーに代わって、ブラインドテストして来ましたので、ハッキリと言えます。ナイス0
###回答ありがとうございます!###こだわり始めるとフルサイズになる人がいるというだけで、人によって考え方は違うでしょう。ただ、レンズに関してはレンズをたくさん買ってくれるフルサイズ派のお客様優先になるのは仕方ないですね。ナイス0
###フィルムカメラ時代からやっているおっさんにはμ43とかAPS-Cは画角も使い勝手も中途半端に見えて、フルサイズ手に入れて安心したところ。大は小を兼ねるは本当で描写力、画角の広さ、高感度耐性も問題なし。ただフィルム時代よりだいぶレンズもボディも大きくなったのはちょっと困るけどね。ナイス0
###使ってみりゃわかる。使ってみて違いがわかんないようならあんたにゃ不要の長物だったってだけの話さね。ナイス0
###フルサイズでも安くなるまでしたら一向に構わないと思いますよ。別のフルサイズ信仰なんて無いと思いますよ。APSーCサイズがへ無くなったり新製品の高級機種が出なくなったらフルサイズに移行するだけの事だと思いますよ。CFカードとSDカードだって、いつまであるのか分かりませんよ。xQDカードが普通になっているかも知れませんよ。何が、どうなってしまうのか誰も読めないでいるのだと思いますよ。ナイス0
###それが信仰かどうかは別にして、わかりやすい指標ではあるのでしょう。15年ほど前までは画素数があなたのいう信仰に近いものでした。高画素=高解像度=高画質 という刷り込みをメーカーがやっていました。実際にそれが正しかった時期はあります。VGA(約30万画素)くらいから市販され始めたデジカメですからL版(200万画素)、A4(800万画素)にはまだまだ不足で1000万画素を超えたあたりからプロがデジタルに切り替え始めました。その時代には画素数の向上=技術の進歩 をアピールできる数値的な指標でした。画素数が画質を決めるのでは無いとわかってきても画素数競争が続きましたが技術的な限界点に近づくと、次は高感度競争になりました。それは今も続いていて、画素ピッチの大きなフルサイズ機のほうがノイズ対策として有利なことは明かです。最高ISO感度は素人にはウケませんが、フルサイズといえばそれ以上上が無いかのような印象を与えることができますし、他のセンサーがフルでない=低品質の妥協の産物 という印象を与えることにもなります。画素数と同じでサイズという目に見える指標を全面に出すことによって高級感や技術力を誇ることが、消費者に受け入れられやすいネーミングだと思います。本来は35mm判とかライカ判、135判と言えばよいものをわざわざメーカー自身が「フルサイズ」と言うのは、あなたが言うようにメーカーが流していることです。ナイス0

 

TAG