建築関係の仕事で元請のA社が見積りする時、作

Writer: admin Type: santama Date: 2019-01-16 00:00
建築関係の仕事で元請のA社が見積りする時、作業をB社に外注する場合、B社の見積りに何%ほどの儲けを乗せて見積りするのが相場でしょうか?またB社がさらにC社に外注した場合に、B社の見積りにA社が儲けを乗せる時も、先の質問と同じくらいの割合で乗せるものでしょうか?補足ご回答ありがとうございます。説明不足で申し訳ございません。この疑問を知るのに記載する必要は無いと思いましたが、私はB社、あるいはC社になる立場の者です。最終的な金額がどれ程のものになっているのか参考にしたいと思い質問しております。共感した0###>建築関係の仕事で元請のA社が見積りする時、作業をB社に外注する場合、B社の見積りに何%ほどの儲けを乗せて見積りするのが相場でしょうか?発想が逆で、元請けがB社に外注を依頼するなら、依頼する金額を把握したうえで元請けの金額を決めるんだと思いますよ。見積りを出すのはあくまでB社がA社にだすわけなので。ナイス0
###>私はB社、あるいはC社になる立場の者です。おそらくB社C社の見積もりを直接工事費としてそのまま突っ込みます。そのあと経費をとるので、その経費がゼネコンの利益です。普通は2割から3割くらいだとは思います。あくまで割り増しというよりも、その管理費用なので、割り増しというわけでもないとは思います。
###う~んそこそこ か ほどほど って感じだねあのね 元請けとして見積り出来る金額ってほぼ決まっているでしょ例えばクロスの張り替えなら量産品なら1200円から1800円ぐらいっていう相場なり 流通価格があるでしょまあ量産品で1800円で出せるのはゼネコンさんぐらいだけどつまり下請けの見積りから何%乗せるか?ぢゃ無くて 相場価格から幾ら下げて下請けにやって貰うか?ですよねだ か ら 出来るだけ下請けさんがお安くやって貰えるように努力するんですナイス0

 

TAG