地方自治体の調達において、地元の企業を優先

Writer: admin Type: santama Date: 2019-01-16 00:00
地方自治体の調達において、地元の企業を優先して調達できる仕組みはあるものですか?共感した0###調達はまず何社かを選んで、その中から一社に発注するのが一般的だから、最初に地元企業だけを選んでおけば、必然的に地元企業から調達することになります。少額の案件は大体そうなってると思います。ナイス0
###はい。簡単です。首長が「地元優先」と入札や随意契約の条件を決めれば良いだけ。後は、その「条件」が法と条例の趣旨に沿っているか?問題にならないか?だけです。殆どの自治体では、軽微な購入に関しては随意契約を地元業者で行っているかと思います。建設など億を超える単位の入札の場合は「なぜ地元だけのか?大手が入れば安くなったのでは?」と、後から回りがウルサイから近隣など県単位か指名ではない一般競争入札で行い、保身をはかりますね。※住民の税金で行う事業。その落とす先が地元で何が悪い? 高く、ボッタクリ?利益誘導や特定業者へ集中?選挙対策? が、悪いだけ。発注した仕事料の数%は、その自治体へ還元。 これが本来の地方行政では?ナイス0
###入札の要件に、「○○市内に事業所を要するもの」という項目を設けるのはよくある話です。地場産業活性化の観点からも、基本的に地元企業を優先して選びます。ナイス0

 

TAG