本店を他の登記所の管轄区域内に移転した場合

Writer: admin Type: santama Date: 2019-01-16 00:00
本店を他の登記所の管轄区域内に移転した場合の商業登記についてお尋ねします。新所在地における本店移転の登記をした場合において、支店の登記記録があるときは、その登記記録の商業区の本店欄につき抹消する記号を記録し、登記記録区に本店移転の登記を行った上で、当該登記記録は閉鎖される(商登規65条4項)。 と規定されています。 この規定は、登記官が行う手続きだと思いますが、抹消する記号が付けられるのは商業区の本店欄だけで、商業区の他の記録は記載をそのまま残したまま、登記記録は閉鎖されてしまうのでしょうか。 商業登記法の初学者のため、登記記録のイメージがわきませんので、このことについて、ご教示くださいますようお願いします。この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。###65条の5項をご参照5 本店を他の登記所の管轄区域内に移転した場合において、旧所在地を管轄する登記所において移転の登記をしたとき(当該登記所の管轄区域内に支店があるときに限る。)は、その商号、本店、支店(当該管轄区域内にあるものに限る。)及び会社成立の年月日の登記並びに登記記録区にされた登記以外の登記事項に抹消する記号を記録しなければならない。ナイス0
###ご回答、誠にありがとうございます。本店移転の場合と65条5項が私自身の中でつながっていませんでした。

 

TAG