フランスってなんで経済政策がうまくいかない

Writer: admin Type: santama Date: 2019-01-16 00:00
フランスってなんで経済政策がうまくいかないんですか?共感した0###ひとつは「岩盤規制」でありもうひとつは「EU」のせいです。フランスは日本以上に規制が強い国で自由な競争ができにくい体制なのです。そのため新規参入、新規事業がおきにくく経済が停滞する要素を持っています。なぜイギリスはEUに加盟しながらユーロではなくポンドのままだったのか。なぜイギリスはEUから脱退するのかを考えてみるとよくわかります。通貨発行権をEU(つまりECB「ヨーロッパ中央銀行」)にゆだねるということは同時に国債の発行もできにくくなるということです。その国の実情に合った金融政策ができないのです。そしてEU自体の経済政策の大筋がまったく経済学的根拠のない「緊縮、財政均衡」という思想にかぶれています。ギリシャやイタリアとは別の意味で「ユーロ」の犠牲になっているのです。多くの人が現実を知らないようだがドイツも非常にまずい状態にあります。イギリスは金融国家です。だからこそ金融政策を他の国にゆだねることをしなかったのです。賢明な措置だったと思います。イギリスがEUから脱退する大きな理由は「イギリスの政策をイギリス国民の意思で決定できない」からです。イギリスの政策にEUからの規制がかかるのです。つまりEUは民主主義の否定(正確に言うと民主主義よりグローバリズムが優先する)という体制でもあるのです。ナイス0
###ドイツがまずい状態というのはどういうことなんでしょう?
###大変詳しく教えていただき、ありがとうございました!###これでも株価の時価総額は、ヨーロッパの中で一番高いんですけどねえ失業率の計算は、日本がおかしいのです。ヨーロッパは10%と言っていますがヨーロッパの計算方式は労働者の分母に公務員は入っていませんが日本の統計は公務員を入れて失業統計を取っていますので絶対失業しない公務員を入れて計算するのは間違っています。日本もヨーロッパ方式で計算すると10%以上の失業率があります。ナイス0
###人種や民族が多すぎて皆が満足な政策なんて無いって事でしょうね。ナイス0

 

TAG