p2pの仕組みについて

Writer: admin Type: santama Date: 2019-01-16 00:00
p2pの仕組みについてこんにちは。最近とある物語の中で、p2pという単語が出てきました。あらすじとしては、“Aという未発表のファイルが流出してしまい問題になる→流出元のIPアドレスが突き止められるが、故意で流出させた人間はいなかった→なのになぜ流出したかというと、p2pでBというファイルをダウンロードしたとき、共有フォルダ(?)にAが入っていたからだった。”というものでした。なぜBをダウンロードする過程でAが流出してしまうのでしょうか?共有フォルダとは?クラウドのようなものなのでしょうか?(クラウドはサーバにアップし〜(?)というイメージがあるので根本的に違うような気がしますが...)p2pについて色々なサイトを読んでみたつもりなのですが、情報関係に非常に疎く当方の頭もついていけないため、1mmも理解することができませんでした。物語を進めていく中で引っかかりがあると苦しく、腑に落ちる説明と出会いたいのです。どなたかご教授いただけますと幸いです。よろしくお願い致します。共感した0###昔のタイプのP2P方式だね。 まずソフトをインストールしてデータをアップダウンでやり取りするフォルダを作る。仮にフォルダXを指定した場合、Xに画像1、画像2、画像3を入れておくと、同じソフトをインストールした人がソフトの検索欄で画像1と検索するとXフォルダに入ってる画像1が検索欄に表示されてダウンロードの対象になる。あとは検索した人が画像1をほしければダウンロードを開始すれば勝手にダウンが始まって自分のPCに落とせる。貴方が言ってる仕組みのP2Pはこのタイプです。10年とかそれ以前に流行ってたやり方ですね。今はtorrentが多いので勝手にアップロードされる事はなくなったけどね。ナイス0
###大方理解することができました!8〜9年ほど前の物語なので納得です。分かりやすく説明してくださりありがとうございました。

 

TAG