事務所費用の按分についてです現在、自宅を事

Writer: admin Type: santama Date: 2019-01-16 00:00
事務所費用の按分についてです現在、自宅を事務所と兼用している個人事業主です。業種として、現場仕事のため自宅兼事務所を留守にする事が多いです。ただし、事務所の電話番号・住所はインターネットに公開。もちろん、荷物も届きます。基本的に営業時間を9:00~19:00に設定している場合、日々事務所として自宅を使用しているという説明は、成り立つのでしょうか?それとも、在宅している時間でないと、使用していない事になるんでしょうか?ちょっと、この辺が確定申告の際の計算でよく理解できません。この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。###現場が多くても事務所の機能は存在しているのなら家の面積と事務処分の面積の按分で 固定資産税、火災保険などを按分すれば良いです電気代に関しては 事務所での使用時間が少ないのなら 全電気使用量の10%などと決めておけば良いものです水道に関しては殆ど使用しないと思うので計上出来るかどうか微妙な感じ電話に関しては 日頃の電話の仕様状態で按分すれば良いですインターネットに関しても同じ様に按分となります毎月按分するか、年間まとめて按分するかは自由に決めれば良いことです一度決めた割合は変更しないで継続することが重要ですナイス0
###御返答ありがとうございます。早速計算して、検討します。###およその感じで自宅兼事務所といっても実際は電話番号や郵便物などの送り先が主で従業員を置いたり、自宅で明確な仕事をしているわけではない…というかんじでしょうかそれでも按分は可能です。細かい計算をするなら家賃と通信費の一部などから細かく按分して総額で数千円私なら、めんどくさいので、消耗品や光熱費、通信費など全部まとめてという事で家賃から月10000円を按分して経費として計上しておきます。厳密にいうと自宅で仕事はしないといっても、請求書を書いたり、返信のメールを打ったりは必ずしますので、このくらいの範囲なら実状にはあっているのではと思います。ナイス0
###経費にあげたい気持ちはわからなくもないが、あまり無茶して経費にあげると税務署に対して説明つかなくなるからやめた方がいいよ。ナイス0

 

TAG