会社に平成30年の確定申告をしてもらっているの

Writer: admin Type: santama Date: 2019-01-16 00:00
会社に平成30年の確定申告をしてもらっているのですが、前の職場の源泉の所得税が0になっていて、支払われるはずの税金が引かれていないようだから、次のお給料から六万近く引かなければならないかもしれないと言われました。そんなことってあり得るのでしょうか?補足誤って29年度の源泉を提出していたようです。もう調整が済んでいるから0だったのでしょうか?共感した0###会社で行うのは 確定申告ではなく 年末調整です。前会社の源泉徴収票を現会社に提出していると思いますが 前会社の源泉徴収票の所得税額が0であれば 収入額にもよりますが 納付(税金を払う)ことになる可能性があります。前会社で 所得税が天引きされていたのであれば 所得税が0はありませんので確認することが必要です。そして 源泉徴収票が(前会社)間違っていた場合は 訂正したものを 再発行していただき 確定申告することで 間違いは是正されます。ナイス0
###補足より。H29年の源泉徴収票の所得税額が 0 であれば 質問者さまの収入は 所得税がかからない金額であったことになります。今回 年末調整を受けるためには H30年の前職の源泉徴収票が必要です。 会社にそのことをお伝えになり 年末調整を受け直す必要があります。年末調整に間に合わなければ ご自身で 確定申告することになります。
###丁寧な説明とても分かりやすかったです。とりあえず30年度の源泉を提出します。ありがとうございました!###会社がするのは確定申告ではなく年末調整給与から天引きするのは扶養控除等申告書の提出の有無、社会保険料控除後の給与等の金額、扶養親族等の数によって決まる。内容次第では前の職場の源泉所得税が0になっていても不思議ではない。ナイス0
###所得税は1月から12月までの課税所得で計算され、年末調整で源泉徴収された所得税との過不足を清算します。余分に引かれていれば還付され、足りなければ徴収されます。前の職場で源泉徴収されていなければ、追加で納めることになります。ナイス0

 

TAG