遺族年金について70代で老齢厚生年金をもらって

Writer: admin Type: santama Date: 2019-01-16 00:00
遺族年金について70代で老齢厚生年金をもらっていた世帯主の父が亡くなり、扶養とされている70歳の母と30代の会社員の息子と娘がいる場合、母は遺族基礎年金は受給できますか?遺族厚生年金は受給できますか?この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。###遺族基礎年金は18歳未満の子がいる場合のみ、配偶者と子に支給されます。子が30代なので遺族基礎年金は支給されません。遺族厚生年金は母のみが受給出来ます。お父様受給していた年金から基礎年金分(40年間働いていたのなら年額78万円)を引いた額の2/3が遺族厚生年金となります。お母様の年金が基礎年金のみなら遺族厚生年金がそのまま増えます。お母様も過去に厚生年金に加入していたのなら、その金額分を引いた額が遺族厚生年金になります。ナイス0
###遺族厚生年金ですね。 ご本人の国民年金(基礎年金)と御自身の厚生年金。 それに、亡くなったご主人の厚生年金の3/4から 御自身の厚生年金を引いた分が非課税で支給されます。ナイス0
###子供が18歳以上なので遺族基礎年金はもらえません。遺族厚生年金はもらえます。故人の老齢年金=老齢基礎年金A+老齢厚生年金(報酬比例部分)Bお母様の老齢年金=老齢基礎年金C+老齢厚生年金(報酬比例部分)D遺族厚生年金の基礎E=Bx0.75E>Dの場合遺族厚生年金F=E-DE<=Dの場合F=0お母様の年金=C+D+Fナイス0

 

TAG