障害年金の初診日について就職して厚生年金に

Writer: admin Type: santama Date: 2019-01-16 00:00
障害年金の初診日について就職して厚生年金に加入した直後に病院に行き診断を受け直ぐに退職した場合、初診日は基礎年金と厚生年金どちらの扱いになるのでしょうか?補足厚生年金加入→診断を受け一ヶ月以上働いたあとに退職で初診日は厚生の扱いになるということで大丈夫でしょうか?共感した1###会社に入社しても月末までに退職すれば、厚生年金には加入していません。なので直ぐに退職が何時なのかが問題になります。1ヶ月以上勤めていれば、障害厚生年金になります。但し前月までの納付要件も大事ですし、その厚生年金に加入した時に通った病院が都合よく障害年金を受給する程の障害の初診日である場合の可能性は低いので、徹底的に初診日を調べられますよ。ナイス0
###補足について制度的には1ヶ月以上勤務していれば厚生年金の加入中に初診日がある事になります。
###この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!###障害年金は精神2級16号や3級13号の精神障害ですか?それとも身体ですか?ナイス0
###就職して直ぐに初診日、であっても厚生年金に加入していれば、厚生年金での申請可能な場合もありますが、初診日前2ヶ月の時点で過去1年に未納がない、若しくは、納付期間の3/2 以上納付して有ることの納付要件を満たしていれば可能です。知人に就職したその日が初診日で、後に障害年金受給になった人は納付要件をみたせず、国民年金で2級を受給しています。ナイス0
###1ヶ月経っていて業務上の負傷なら、厚生年金。 メンタルなどは、1ヶ月経っていれば、 厚生年金ですが、遡って納付状況を調べます。ナイス0
###厚生年金加入期間中に初診日があって、初診日前日までの国民年金納付の条件をクリアしてて、初診日から1年6か月経ってれば障害厚生年金を申請できますよ例え厚生年金加入が1週間だけでも、その期間に初診日があって、それ前の国民年金納付要件をクリアしていれば障害厚生年金が申請可能です初診日前日までの国民年金納付の条件をクリアできていないと、どちらも申請できないので、年金事務所で確認してください年金額も厚生年金300か月加入として計算されますけど、報酬については障害認定日の月までの平均なので、すぐに退職して、その金額がごく僅かだと障害厚生年金2級に認定されても、報酬比例の年金額はビックリするほど低額になります障害厚生年金は障害認定日の月までの報酬の平均が多い人は年金の額も多くなり、逆に少なかった人は年金額も少額になりますナイス0
###初診日に加入していた年金が厚生年金なら障害厚生年金ですが初診日の前々月までの年金の納付要件を満たしているかも重要です。ナイス0

 

TAG