年金の納付猶予について。全く理解できないの

Writer: admin Type: santama Date: 2019-01-16 00:00
年金の納付猶予について。全く理解できないのですが、頭悪くて。納付猶予の意味をとても分かりやすく教えてください。全額免除の意味とゆうかそれはまあ分かります。免除は。納付猶予は?猶予ってことはいつかその年の年金を払うって事ですか?よく分かりません。共感した0###保険料を納付しなくて良いという点では全額免除と同じです。また10年以内であれば免除・猶予されていた保険料を後から納付(追納)できるという点でも同じです。唯一の違いは、将来もらう年金の額です。老齢基礎年金は納めた月数に比例した受給額となります。全額免除は0.5か月納めたことにして計算されるのに対し、猶予の場合は0か月、つまり全く納めていないものとされます。なお「猶予」という名称から、将来、猶予された保険料を納付しなければいけないという誤解があるようですがそのような事はありません。追納するかどうかは任意です。追納しなければ、それだけ老齢基礎年金の受給額が減りますが、それを承知であれば追納しなくて構いません。認められる条件は全額免除・・本人、配偶者、世帯主の前年所得が基準以下であること納付猶予・・本人、配偶者の前年所得が基準以下であることです。ですから、収入のある親と同居している場合等で、本人に所得は無いが、世帯主である親が所得があるという状態では、全額免除を認められず、納付猶予となります。年金保険料は本人だけでなく、配偶者、世帯主も納付義務があることが法律で決められています。従って、世帯主に十分な所得があるのに免除することは法律と矛盾します。このため、建前上は、免除するのではなく一時的に猶予するだけであるということで「猶予」という紛らわしい名前が用いられているのだと思います。ナイス0
###わかりやすい!###>猶予ってことはいつかその年の年金を払うって事ですか?そのとおりです。ナイス0
###国民年金の猶予は、全額免除とほとんど同じです。唯一の違いは、「この期間の年金額は全く増えない」ことです。免除の場合は、税金を投入している分は(加入者が祓わなくても)増えますナイス0
###学生の場合、納付猶予なので後から払います。ナイス0

 

TAG